スポンサードリンク

2013年11月14日

三国志4

◆黄巾族 制圧後の 董卓による帝王のあやつり 呂布の裏切り◆

黄巾族を制圧した軍隊は各州へ帰っていきました。

一時的に平和を取り戻した洛陽でありましたが、政治を牛耳る十常時がまた世の中を混乱させることとなりました。

そして軍隊を動かす将軍としては肉屋を営んでいた何進(かしん)がおり、何進の妹が帝の子を産み、何進が将軍、妹が妃となっていました。

十常時の悪政ぶりに何進の部下だった袁昭などが怒り、何進に十常時を制圧しよう言いました。
その結果、十常時の住む宮殿を襲うこととなりました。

攻め込まれた十常時たちは自分達の身、身分を維持するため、何進の妹に助けを求め、妹から何進に助けてもらうようお願いしました。

その時、宮殿に呼ばれた何進が十常時により殺されてしまいました。


そこから世の中は大混乱を招くこととなりました。

十常時は殺され、何進の娘の子供、そして本来の帝王の血を受け継ぐ陳留王が逃げました。

董卓軍はそれを見逃さず、自分の手元に帝を置くことを目的とし、その帝の子を追いかけ、確保しました。

その際、董卓凛とする陳留王の姿を見て、帝の変更を考えました。
自分の操作しやすい朝廷を作ろうとしたのであります。

その案を洛陽で各州の将に提言しました。

董卓の強大な力の前に各将は渋々認めざるを得ませんでした。

ただその時、一人の将が声をあげました。
呂布を養子にとる丁原(ていげん)です。

丁原の存在が邪魔となった董卓は丁原を暗殺しようとしましたが、呂布にことごとく防がれました。

董卓の部下、李儒が「呂布を仲間にしてしまえば宜しいではないですか」と進言しました。

李儒はある方法をとり、呂布が丁原を殺し、董卓の部下となりました。

そして董卓が朝廷を動かす力を一時的に持つようになったのです。

この時曹操は董卓の暗殺を企てますが、失敗し逃亡しました。

そして曹操はその後父親の力を借り、資産家から軍備調達を行うための資金をもらい、陳留で挙兵することとなりました。
posted by ライノ at 22:56| 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。